日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

緑茶、煎茶、玉露、抹茶の違い

 

日本で親しまれているお茶といえば、緑茶があります。それでは、緑茶とは何でしょうか。実は緑茶には多くの種類があります。

 

例えば、日本の伝統文化として知られる茶道では、抹茶(まっちゃ)が飲まれます。抹茶は緑茶の一種です。ただし、日常的に茶道をしている人でない限り、普段の生活で抹茶を飲む日本人はほぼいません。その代わり、多くの日本人は煎茶(せんちゃ)を飲みます。煎茶も緑茶の一種です。

 

他にも、日本には玉露やほうじ茶など、お茶の葉っぱによって種類があります。これらをすべて含めた日本茶のことを緑茶といいます。緑茶は日本で最も一般的な飲み物の一つです。

 

   

 

 緑茶とは何か
紅茶でも緑茶でも、すべて同じ葉から作られます。摘み取った葉をどれだけ発酵させるかによって、紅茶になったり緑茶になったりします。これが、同じ葉でも味や風味が違ってくる理由です。

 

茶葉にはカテキン(タンニン)と呼ばれる渋味成分が含まれています。酸化や発酵が進んでいくと、カテキンは赤色に変化していきます。茶葉を完全に発酵させたものが紅茶であり、紅茶が赤色なのはカテキンが赤くなっているからなのです。

 

一方、緑茶では茶葉を発酵させません。摘みたての茶葉をそのまま加工するため、茶葉は緑色のままです。また、茶葉には渋味成分のタンニンが多く残っており、日本人は渋いお茶を好んで飲みます。

 

これら緑茶の中で、日本で最も一般的なお茶を「煎茶」といいます。ただ、茶葉の種類や製法の違いにより、煎茶になったり抹茶になったりします。

 

以下にそれぞれの緑茶について簡単に解説していきます。

 

 ・煎茶
お茶の木から取れるもののうち、葉の部分だけを集めたものが煎茶です。針のような形をしており、日光を当てて栽培します。

 

 ・玉露
玉露では、お茶の木自体は煎茶と同じです。ただ、玉露では日光を遮る被覆を用いることで、茶葉に日光が当たらないようにします。こうして栽培されたお茶が玉露です。

 

日光を遮ると、苦味成分であるカテキンの生成が抑えられます。その代わり、旨み成分のテアニンが増えます。こうした味の違いや手間などの理由から、玉露は高級茶として知られています。

 

 ・抹茶
玉露と同じように、抹茶では日光を遮って栽培した茶葉を使用します。このときの茶葉を蒸して乾燥させたものを「碾茶(てんちゃ)」と呼び、これを粉状にしたものが抹茶です。茶道では抹茶が用いられます。

 

簡単に考えれば、玉露を粉状にしたものが抹茶です。ただ、飲み方はまったく異なります。玉露では急須にお湯を注ぐだけですが、抹茶は粉状なので専用の道具を用いて溶かさなければいけません。

 

日本人は抹茶を日常的に飲まないものの、茶道で用いられることから、抹茶のブランド力は高いです。そのため、高級菓子に抹茶が含まれることがあれば、食材に応用されることもあります。

 

ちなみに、日本で飲まれる緑茶は素材そのままの味を活かします。紅茶のように、砂糖を入れることはありません。しかし、日本以外の国では緑茶に砂糖が入れられていることが多々あります。ただ、渋味や苦味なども含めて、その独特の味を楽しむのが本来の緑茶です。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME