日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

そば焼酎の特徴

 

でんぷんを含む穀物であれば、あらゆる原料が焼酎になります。これら焼酎の原料としてはさつまいもや麦、米などが有名です。そして、そばも焼酎造りで活用されます。

 

そば焼酎というのは、実は生産量が比較的多いです。いも焼酎、麦焼酎、米焼酎に次いで、4番目に多い焼酎がそばを原料としたものなのです。

 

   
 ※そばとそば畑

 

 宮崎県から始まるそば焼酎の歴史
日本で焼酎といえば、九州地方や沖縄県が名産地として知られています。その中でも、九州地方に属する宮崎県でそば焼酎がはじめて造られました。

 

穀物である「蕎麦(そば)の実」を原料としたそば粉を用い、加工したものがそばです。通常、そばは細く切られることで麺類として広く日本で食べられます。

 

前述の通り、でんぷんを含んでいる穀物であれば焼酎を造ることができます。そこで、1973年にはじめてそばを用いた焼酎造りが行われました。宮崎県にはそばの産地として有名な高千穂(たかちほ)地方があり、ここで創業した雲海酒造という酒蔵が世界初のそば焼酎を開発したのです。

 

いも焼酎などとは異なり、そば焼酎はクセが少なく軽快な味をしています。飲みやすい焼酎であるため、そば焼酎造りを行う酒蔵が増えていきました。

 

 そば焼酎の特性
そばは日本全国で生産されています。これは、そばはやせた土地でも生育しやすいという特徴があるからです。そうして収穫した蕎麦の実を食用にするのではなく、焼酎として造るのです。

 

焼酎を造るとき、麹(こうじ)と呼ばれる「デンプンを糖へと変換する原料」が不可欠です。穀物に麹菌を生やすことで、麹を作成することができます。ただ、蕎麦の実は表面の皮が堅く、蒸すと粘性が高くなるという性質があります。麹菌はそばの中に入っていきにくいため、そば麹を作成することはできません。

 

そこで、米や麦などに麹菌を生やした米麹や麦麹を使用し、これらとそばを組み合わせることで発酵させます。つまり、そば焼酎は米や麦など他の原料と組み合わせて造るのです。

 

なお、そば焼酎自体は宮崎県が発祥ですが、長野県の佐久市ではそば焼酎造りが盛んな地域として知られています。日本酒の製造を得意とする酒蔵が酒造りの技術を応用し、そば焼酎を製造しているのです。

 

そば焼酎には、そば特有の香りと軽快な味わいがあります。通常の焼酎は水やお湯で割りますが、そば焼酎の場合はそば湯(そばを茹でたときにできる白濁した汁)で割って飲んでも良いです。そば湯は栄養に富んでおり、そば焼酎と合わせることでより深い香りになります。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME