日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

焼酎と蒸留酒の基本

 

日本独自のお酒といえば、日本酒と焼酎が知られています。その中でも、焼酎は蒸留酒というお酒に分類されます。

 

お酒には、大きく分けて3つの種類があります。それぞれ醸造酒、蒸留酒、混成酒です。ここでは、これらの分類を学ぶことで焼酎を理解していきます。

 

 焼酎はウイスキーの仲間である
原料を発酵させることで作られたお酒を醸造酒といいます。例えば、ブドウを発酵させればワインになります。麦を発酵させればビールになります。そして、米を発酵させることで日本酒が完成されます。これらの原料に含まれているブドウ糖やデンプンなどから、菌を活用してアルコールを作るのです。

 

蒸留酒でも同様に、原料を発酵させます。醸造酒と違うのは、そこから蒸留させることです。

 

液体を一度蒸発させ、その後に冷やすなどして再び液体へと戻す手法を蒸留といいます。2つの液体が混ざった混合物であっても、蒸留を行えば特定の物質だけを濃縮させることができます。蒸留酒であれば、アルコール発酵させた液体を蒸留することで、アルコール濃度を高めるのです。

 

蒸留酒にはウイスキーやブランデー、ウォッカなどがあります。焼酎はこれらの仲間なのです。そのため、ウイスキーが好きな人であれば、焼酎もおいしく飲めるはずです。

 

なお、既にあるお酒に対して糖分や香料、果実などを加えたものを混成酒といいます。リキュールなどが混成酒として知られています。日本では「梅酒」というお酒が好まれて飲まれますが、これも混成酒に分類されます。

 

 焼酎のアルコール度数は高い
ブドウ糖をアルコールへと変換する菌を酵母といいます。酵母はアルコールを作り出すものの、アルコールに弱いという特徴があります。そのため、アルコール度数が20度を超えると活動を停止してしまいます。

 

日本酒のアルコール度数が高くても20度前後なのは、このような理由があります。ワインやビールになると、さらにアルコール度数は低くなります。

 

一方、蒸留酒はどれもアルコール度数が高いです。これは、蒸留によってアルコール度数を高めることができるからです。アルコールの沸点は水よりも低いため、この性質を利用してアルコールだけを取り出すのです。こうして、醸造酒よりもアルコールの濃い酒になります。

 

ウイスキーは麦芽などを発酵させた後に蒸留します。一方、ブランデーは果実酒を蒸留します。焼酎では、穀物などを発酵させて蒸留します。原料は違うものの、「蒸留させる」という意味で、焼酎はウイスキーやブランデーと同じお酒に分類されます。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME