日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

薩摩(鹿児島県)のいも焼酎

 

日本で酒といえば、一般的に日本酒のことを指します。一方、鹿児島県で酒というと焼酎のことを意味します。居酒屋に立ち入ったときや祝い事などでは、焼酎が基本なのです。

 

鹿児島では、そもそも日本酒造りがほぼ行われていません。最近では日本酒を造る酒蔵が出てくるようになりましたが、焼酎ばかりが製造されていました。

 

 薩摩のいも焼酎
鹿児島県はかつて薩摩と呼ばれていました。鹿児島県では100以上の酒蔵が存在し、どれも焼酎を造っていることは先に述べた通りです。その中でも、芋を主原料にしたいも焼酎を主に造っています。

 

鹿児島県といえば、いも焼酎が有名です。薩摩の地方は火山灰が蓄積した土地であるために水はけが良く、水を溜めておかないといけない米作りには不向きです。そこで、それまで生産していた米に変わって、水はけの良い土地での栽培が適しているさつまいもを作るようになりました。

 

かつては薩摩でも米や麦などを焼酎の原料としていましたが、さつまいもが広く作られるようになってからはいも焼酎が主流になっていったのです。

 

いも焼酎といえば、独特の香りが特徴的です。焼酎に慣れていない人にとっては、いも焼酎の匂いに対して苦手意識をもつ人は多いです。ただ、鹿児島県の人にとっては、あの特有の香りがなければ酒とはいえないといいます。

 

しかしながら、いも焼酎を普及させるには飲みやすいお酒へと改良しなければいけません。そこで、いも焼酎に関しては、特有の香りを軽減するような努力が行われました。

 

そこで現在では、蒸留方法や貯蔵方法が改良され、いもの甘みと特有の香りが混ざった飲みやすい焼酎へと変わっています。こうして鹿児島県のさつまいもと水を用いて作られた焼酎が薩摩焼酎です。

 

 焼酎のお湯割り文化
日本酒はさまざまな温度で飲まれます。温めたり冷やしたりして、それぞれの味を楽しむのです。これと同じように、焼酎でも異なる温度帯で飲まれます。

 

特に薩摩地方では、お湯割りの文化が盛んです。焼酎にお湯を入れることで、温かい焼酎を飲むのです。このとき、いも焼酎が発する特有の香りを味わうことができます。

 

焼酎造りでは、通常の圧力下で蒸留する「常圧蒸留」と真空に近くして蒸留する「減圧蒸留」の2種類があります。減圧蒸留の方が飲みやすいお酒になるものの、いも焼酎では独特の香りが特徴であるため、芳醇な風味を出せる常圧蒸留で主に造られます。

 

鹿児島県に存在する酒蔵が昔ながらの蒸留方法を選択しているのは、地域に根付いた「お湯割り文化」といも焼酎がもつ特有の香りがあるからなのです。

 

焼酎は鹿児島県にとって欠かせないお酒です。多くの人が仕事帰りにビールを飲むかわりに、薩摩地方では焼酎を飲むのです。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME