日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

熊本県の球磨焼酎(米焼酎)

 

米焼酎の中でも、熊本県にある球磨(くま)は地域ブランドの焼酎として有名です。壱岐焼酎や琉球泡盛などと並び、日本でも有名な焼酎の一つです。

 

独特な香りを有する焼酎としては、いも焼酎が知られています。これと同じように、球磨焼酎も特有の風味をもつ焼酎です。クセの強い酒であることが、球磨焼酎の特徴です。

 

 球磨地方で育った焼酎
熊本県の南に球磨地方が存在します。ここは盆地の地形をしており、平野が広がっています。米の収穫が盛んな場所であり、水田が多数存在します。球磨地方には球磨川が流れており、その伏流水が肥沃な土地を生み出しているのです。

 

江戸時代(1603〜1868年)では、この地域は多くの「隠し田」があったとされています。周りは山に囲まれており、球磨川の急流もあって人の行き来が難しかったのです。そのため、江戸幕府に見つかることなく、盆地に隠し田を用意して米を収穫していました。

 

当時は税金を米で支払っていたため、隠れて米を生産することで税金を免れることができたのです。

 

このような土地で取れる米を利用して、球磨焼酎が造られます。16世紀の末頃には、球磨地方で既に焼酎造りが始まっていたとされています。

 

人の行き来が難しかったからこそ、他の文化が入ってくることが少なく、球磨地方の人が外に出て技術を伝えることもほとんどありませんでした。こうしたことが、独自の技術を伝えていくことに繋がったと考えられています。

 

 焼酎とブランド
米焼酎の中でも、球磨焼酎は一つの大きなブランドとしての地位を築いています。そのため、他の米焼酎とは別物であると考えられてます。

 

「原料が米100%である」「球磨川の伏流水で仕込んでいる」「球磨地方で蒸留・瓶詰めしている」ことを条件にして、球磨焼酎と名乗ることができます。つまり、他の地域で作られた米焼酎は球磨焼酎と名づけることができません。

 

球磨焼酎はアルコール度数が高く、30度以上で製造されています。これを水で割らずに、ロックやストレートなどで飲みます。日本人はお酒の弱い民族ですが、この地方の人は例外であるといえます。ただ、現在では一般的な焼酎と同じように25度で販売されていることもあります。

 

なお、球磨焼酎など特有の香りを有する焼酎は、飲みなれていない人にとって敬遠される対象になります。そこで、真空に近い状態で蒸留する「減圧蒸留」を行うことにより、現在ではすっきりした味の球磨焼酎も造られています。

 

通常の圧力下で蒸留する「常圧蒸留」とは異なり、減圧蒸留では原料のもつ特有の香りは薄くなります。その代わりとして飲みやすくなるため、初めての人でも受け入れやすいです。

 

球磨焼酎では、伝統的な常圧蒸留のお酒だけでなく、軽やかな味わいの減圧蒸留まで幅広くそろっています。米の個性的な香りを楽しみながら、地域ブランドの米焼酎を味わってみるのも良いです。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME