日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

麦焼酎の特徴と大麦

 

焼酎が人気になるきっかけとして一役買ったのが麦焼酎です。焼酎の中でも、麦焼酎はクセがなくてすっきりとした味わいがあります。

 

そのため、レモンやグレープフルーツなどを入れてもいいし、水割りで飲んでも問題ありません。香ばしい匂いを放つ辛口のお酒が麦焼酎です。

 

 麦焼酎と料理の相性
そのすっきりとした味から、脂っこい食事を食べた後のお口直しに麦焼酎は最適です。また、牛肉を用いた炒め物などと麦焼酎は相性がいいです。

 

料理酒として麦焼酎を用いても問題ありません。いも焼酎などであれば焼酎の匂いが料理に移る可能性があるものの、麦焼酎のようなクセの少ないお酒であれば料理酒としても活用することができます。

 

日本の料理では、レシピに「酒」と書かれていることがあります。このときの「酒」は、日本酒のことを考える人が大半です。ただ、日本酒ではなく、代わりに麦焼酎を用いても大丈夫です。隠し味を日本酒から麦焼酎に変えるだけで、これまでとは違った味わいになります。

 

もちろん、熱を加えるとアルコールは蒸発して飛んで行ってしまいます。ただ、焼酎の風味によって野菜や肉のおいしさが引き立てられるようになることでしょう。

 

日本の調味料として知られる「みりん」は焼酎から造られます。焼酎や米麹、もち米などを用いて熟成させることで、アルコールを含んだ本格的なみりんが完成されるのです。この事実を考えると、焼酎を料理酒として活用しても不自然ではないことが分かります。

 

 麦焼酎の原料:二条大麦
軽やかな味わいのある麦焼酎は大麦が原料になっています。大麦は、大きく六条大麦二条大麦の2つに分けられます。六条大麦は食用で栽培され、二条大麦は酒用に作られます。

 

二条大麦はビールを製造するための原料です。麦焼酎はビールと同じ大麦(二条大麦)を活用することで造られます。

 

麦焼酎を造るときに使用される大麦としては、粒がやわらかいことが条件です。大麦の表面にある皮を削る時間が短くなり、粒が割れにくいからです。また、表面の皮が薄いことも重要です。削る皮が少ないほど、酒造りに使用できる部分が多くなります。

 

なお、大麦に含まれるタンパク質は雑味や苦みの原因になります。そこで、含まれるタンパク質が少ない麦は重宝されます。

 

さらに、これらの条件を満たしたうえで、多くのでんぷんを含んでいる麦が活用されます。発酵によってアルコールが造られるためには、糖が必要です。糖はでんぷんから変換されるため、麦に多くのでんぷんが含まれているほど、アルコール発酵が促進されます。

 

現在では、焼酎用の大麦の品種改良が進んで飲みやすい麦焼酎が造られています。先に述べたような、焼酎造りに適した麦が広く活用されているのです。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME