日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

第二次世界大戦による三倍増醸酒の登場:日本酒の歴史

 

それぞれの時代区分の中で、酒の販売は税金を取れるので推奨されてきました。そのためか、日本酒の開発は政府が介入するまでになりました。

 

このように順調に思われた日本酒ですが、第二次世界大戦によって大きな打撃を受けます。戦争によって米が足りなくなり、商売が厳しくなる中で多くの酒屋・酒蔵が廃業していったのです。

 

 戦争と日本酒
昭和時代(1926~1989年)に入ると、より良い酒を造るための技術革新が起こります。竪型精米機が開発されたのです。

 

日本酒を造るとき、雑味を取り去るために米の外側を削ります。この作業を精米といいます。精米をどれだけ行うかによって、酒の味は大きく変わります。これを機械で行えるようになったため、より高品質の酒が造れるようになりました。

 

ただ、日本酒の発展は戦争によって大きく停滞するようになります。例えば、1937年には日中戦争があり、これによって酒造りの米よりも軍事用の方が重要になります。そのため、酒用の米がなくなり、品質の良い酒が出回らなくなります。

 

日本酒の生産量も低迷し、米の外側をできるだけ削って造られた高級酒である「吟醸酒」の開発は遅れてしまいます。

 

また、それまで自由であった酒の販売が免許制に変わりました。こうして、酒屋は激減します。酒類は配給制になり、政府の監視が付くようになりました。

 

こうした米不足は第二次世界大戦が終わった後も続きます。食べるための米がないということは、酒造りを行うための米もないことを意味します。ただ、酒を飲みたい人はいつの時代にもいるため、「アルコールを添加して日本酒を薄める」という方法が考え出されます。

 

そこで登場したお酒が三倍増醸酒(通称:三倍酒、さんぞう)です。その名の通り、酒の量が三倍になるため、このときは三倍増醸酒が主に出回りました。

 

ただ、日本酒を水で薄めて醸造アルコールを添加しただけであると、単に味や香りまで薄まったように感じるようになります。そこで、ここに糖類や酸(乳酸やコハク酸など)の添加物を加えます。戦争後の酒のない時代を三倍増醸酒が支えたのです。

 

ただ、三倍増醸酒の流通は米不足が解消した後も続きます。これは、安い原価で酒を造ることができたため、大きな利益を得ることができたという理由があります。また、効率よく大量に酒を造れたという理由もあります。

 

本物の日本酒ではないために批判されやすい三倍増醸酒ですが、かつて戦争を行っていた日本の時代背景を考えると、日本酒を繋ぎとめた酒であったとはいえます。

 

 吟醸酒の誕生
戦争とそれに続く苦しい時代が終わると、日本は大きな発展を遂げるようになります。これは、日本酒に関しても同じです。吟醸酒が登場するようになり、希少価値が高い酒として出回るようになります。

 

さらには、昔ながらの手法によって酒造りが行われた「生酛(きもと)」が登場するようになります。さらに、火入れを行わない「生酒」や醪(もろみ)を粗く濾した「にごり酒」などにも人気が集まるようになりました。

 

何百年前では貴重なお酒として出回っていたものの、ほとんど造られなくなった「古酒」についても現在では製造されるようになっています。

 

さらに日本酒は、現在では日本以外でも多く飲まれるようになっています。日本政府も日本酒のアピールを積極的に行い、世界的に認知度を上げて輸出を行うために動いています。

 

日本料理だけでなく、日本酒はフランス料理やイタリア料理、中華料理など、世界のあらゆる食事と相性が良いです。これは、日本酒の種類によって香りやコク、味わいが異なるため、それに合わせた酒を出すことができるからです。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME