日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

冷酒や燗酒による日本酒の飲み方:5度刻みの温度で味が変わる

 

日本酒は冷やして飲んだり、常温で飲んだりします。温めて飲む方法も一般的であり、これを燗酒(かんしゅ)といいます。

 

さらに、日本酒は5度違えば香りや風味がガラリと変わります。このような性質であるため、日本酒では「どの温度で飲むか」がとても重要になります。

 

 温度によって異なる呼び方
燗とは、お酒を温めることを意味します。日本酒は一般的に、常温や燗で飲みます。ただ、冷やして飲んだ方が適切な場合もあります。酒の種類によって、「燗にした方が雑味が消えてまろやかになる」「冷やした方が香りが高くてさわやかな酒になる」など特徴があるのです。

 

そのため、酒を楽しむときは温度にも注意する必要があります。さらに、燗といっても、その温度ごとに呼び方が変わります。例えば、熱燗であれば高い温度にまで温めたお酒を指します。一方、ぬる燗であれば、体温と同じくらいの温度をいいます。

 

これは、冷やして飲む場合も同じです。どれだけの冷たさにするかによって、呼び方が異なるのです。以下に、温度ごとの名称を記します。

 

温度

名称

特徴

55℃以上 飛び切り燗 徳利をもった瞬間に熱く感じる。
50℃前後 熱燗(あつかん) 徳利をもつと熱く感じる。湯気が出る。
45℃前後 上燗(じょうかん) 徳利をもつと温かく感じる。
40℃前後 ぬる燗 体温と同じくらいの温度。
35℃前後 人肌燗(ひとはだかん) 体温より少し低め。飲むときにぬるく感じる。
30℃前後 日向燗(ひなたかん) 熱いとも冷たいとも感じない。
20℃前後 常温(じょうおん) 冷たさが徐々に伝わってくる
15℃前後 涼冷え(すずびえ) はっきりと冷たさを感じる。
10℃前後 花冷え(はなびえ) すぐに冷たさを感じる。
5℃前後 雪冷え(ゆきびえ) 結露が見えるほど冷えた温度。

 

温度によってこれだけ多くの呼び方があるのは、日本酒は温度によって味や香りが変わるからです。5℃違えば、その様子はまったく違うものになるといいます。そのため、たとえ同じ酒であっても、温度を変えて飲むだけであらたな側面を発見できるはずです。

 

一般的に、温度が高くなると香りが立って辛口になります。ここから低い温度帯になるにしたがって、ふくらみのあるなめらかな味わいになります。

 

さらに、冷やして飲むとなるとシャープで細やかな味になります。香りは小さくなり、酒がもつ味がそのまま表れます。

 

世界を見渡しても、これだけ幅広い温度帯で楽しめるお酒は珍しいです。これは、温度によって味が変わる日本酒ならではの特性であるといえます。

 

 吟醸酒を燗で飲んでも問題ない
吟醸酒はフルーティーな香りの高いお酒として知られています。そのため、常温や冷やして飲むのが一般的です。華やかな香りと軽やかな味わいから、冷酒が向いているのです。一方、燗にするとその香りまで飛んでしまうため、吟醸酒は燗に向いていないとされています。

 

それでは、吟醸酒は絶対に冷酒でなければいけないかというと、必ずしもそうではありません。燗でも問題ないのです。先入観なしに試してみてこそ、お酒の楽しみが増えるものです。

 

なお、吟醸酒の例から分かる通り、日本酒には種類によって燗に向く酒と向かない酒があります。種類によって飲み分けると、温めた方がいい場合とそうでない場合が分かるようになります。

 

また、季節による使い分けでも問題ありません。夏は吟醸酒などを冷やして飲み、冬の寒い時期は古酒を燗にして味わうのもいいでしょう。人によって好みが違うため、季節や場所によって、合う酒の種類や温度は変わります。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME