日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

炭酸入りの「活性純米酒」を味わう

 

日本酒というと、普通は「炭酸などが入っていない、香り高いお酒」というイメージをもっている方が大多数です。

 

ただ、中にはシャンパンのように、口の中でシュワシュワとはじける日本酒も存在します。これを、活性純米酒といいます。これらを知った上で味わうことも、日本酒を楽しむコツの一つです。

 

 活性純米酒とは
発泡ワイン(炭酸入りのワイン)のことをシャンパンといいます。これと同じように、日本酒にも炭酸入りのお酒があります。ワインはブドウから造られますが、日本酒は米から造られます。そのため、活性純米酒はシャンパンとは異なる独自の風味があります。

 

活性純米酒では、「透明であるか」または「濁っているか」の2つに大きく分けることができます。

 

透明な活性純米酒では、薄い琥珀色をしています。そのため、見た目はシャンパンとさほど変わりません。ただ、日本酒特有の香りと微炭酸が絡み合うことにより、シャンパンとは異なる味わいがあります。このような日本酒を「活性酒」や「発泡清酒」といいます。

 

一方、微炭酸入りの濁ったお酒は「活性にごり酒」や「発泡性にごり酒」といいます。

 

 なぜ日本酒に炭酸が入っているのか
日本酒造りでは、酵母を活用することで発酵させなければいけません。酵母が糖をアルコールへと変換して、ようやく酒になるのです。また、このときは様々な酵素が作られて、原料である米や水が日本酒へと変わっていきます。

 

ある程度発酵させた後、今度は絞る作業を行います。絞ることで最初の日本酒(原酒)ができます。ただ、このときの日本酒には、酵母や酵素なども含まれています。

 

これをそのままにしておくと、時間経過と共に酒の品質が変わってしまいます。つまり、腐敗(熟し過ぎ)をもたらします。これを防ぐため、日本酒を造るときは火入れ(温度を上げて殺菌する作業)を行います。これにより、長期間の保存が可能になります。

 

ただ、場合によっては火入れを行わないことがあります。火入れを一切行わずに造られたお酒を生酒(なまざけ)といいます。

 

生酒を製造するとき、発酵時の炭酸まで残るようになります。これをそのまま瓶詰めすると、炭酸を含む日本酒が完成されます。火入れを行うと炭酸がすべて抜けてしまうため、活性純米酒にはなりません。

 

注意点は、冷蔵庫に入れることで「冷やして保存しなければいけない」ことです。酵母や酵素を含んだまま出荷されるため、温度が高いと酒瓶の中で発酵が進みます。その結果、酒質が変化してしまいます。これは避けなければいけません。

 

炭酸を含む日本酒である「活性酒」は、火入れをしていない生酒です。そのためにデリケートでもあるのです。

 

なお、中には火入れやろ過をした後に微炭酸を入れた日本酒も存在します。これは、ここまで述べてきた活性純米酒とは別物であるため、見分ける必要があります。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME