日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

日本酒と醸造酒:ワイン、ビールが好きなら日本酒も飲める

 

日本酒

日本特有の製法によって、米から作られたお酒を日本酒といいます。あらゆるお酒の中でも、日本酒は醸造酒(じょうぞうしゅ)と呼ばれる種類の酒です。

 

お酒は醸造酒、蒸留酒、混合酒の3つに分類できます。まずは、この違いから理解していきましょう。

 

 醸造酒、蒸留酒、混成酒の違い
醸造酒とは、原料を発酵させることで作ったお酒のことを指します。ワインやビール、そして日本酒が醸造酒に分類されます。

 

ワインであれば、ブドウを発酵させます。ブドウにはたくさんの糖が含まれているため、酵母によってブドウ糖をアルコールへと変換するのです。

 

また、ビールの場合は、麦から作ります。麦にはデンプンが含まれているため、最初にデンプンを糖へと変換する必要があります。そこで、麦芽を加えて糖にします。このときに作られる糖を麦芽糖といます。この麦芽糖に酵母を加えると、発酵してアルコールになります。

 

これらに対して、日本酒は米から作ります。米には糖が存在しないため、ビールのときと同じようにデンプンを糖へと変換しなければいけません。そこで、麹菌(こうじきん)と呼ばれる微生物によって、デンプンをブドウ糖へと変換します。その後、酵母によってブドウ糖をアルコールに作り変えます。

 

このように考えると、日本酒はビールと似ていることが分かります。同じ醸造酒であるため、ワインやビールが好きな人であれば日本酒も好きになる可能性が高いです。

 

なお、蒸留酒でも発酵が行われますが、最終段階で蒸留を行います。蒸留とは、液体の混合物を温めて蒸発させ、再び冷やすことで目的の液体だけを凝縮させる方法を指します。蒸留酒には、ウイスキーやブランデー、ウォッカなどがあります。

 

混成酒は、既にあるお酒に対して糖分や香料、果実などを加えたものをいいます。リキュールなどが混成酒として知られています。

 

 穀物醸造酒での酒造り
米などの穀物を用いて作った醸造酒を穀物醸造酒といいます。前述の通り、米にはブドウ糖が存在しません。そのため、ワインを作るときのように、酵母を入れるだけではアルコールを作れません。従って、穀物醸造酒の製造は手間がかかります。

 

さらに日本酒では、「デンプン→ブドウ糖」「ブドウ糖→アルコール」への変換を同じタンクの中で行います。そのため、ちょっとした条件の違いでお酒の味が変わってきます。このような製法であるため、日本酒の味を評価するときの基準は他のお酒とは異なります。

 

ワインでは、ブドウの原産地や熟成年数などが重視されます。しかし、日本酒ではそこまで重要視されません。

 

それよりも、「日本酒を作っている人」に重きを置きます。全く同じ米を使い、同じような条件で酒造りをしたとしても、人によって味が大きく変わってしまうからです。

 

このように、日本酒を作成するときは高度な技術が要求されます。糖が含まれていない状態から何とかしてブドウ糖へと変換し、アルコールを作ろうとするので、これは当然のことなのかもしれません。

 

アルコールはいつの時代でも飲まれている嗜好品です。しかし、日本ではブドウや麦は主要な生産物ではなく、米を主食としています。そこで、主食である米をどうにかしてアルコール飲料へと変換しようとした結果、日本酒が考え出されたのです。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME