日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

税として徴収されていた漆

 

漆には何千年もの歴史があり、縄文時代(BC 14,000年頃~BC 300年頃)の初期には漆を活用していました。実際、約9000年も前の遺跡から漆の製品が発見されているほどです。

 

それ以前の時代でも、獣を仕留めるために使用する道具に漆の付着が確認されています。漆は何千年という時間が経過しても、変化せずにその形を保ち続ける性質があります。1万年以上の時間が経っても漆が残るため、この時代に漆が使用されていたと証明できるのです。

 

 時代による漆の変化

現在のように、漆を塗り重ねることで「黒色や朱色の鮮やかなツヤのある作品に仕上げる」ことだけが漆の性質ではありません。漆は自然界でかなり強い接着力を有する成分であり、塗ったものを強固にします。

 

かつての人類は、この性質に着目しました。獣を仕留める道具に漆を使っていたことから分かる通り、漆を接着剤や強化剤として活用していたのです。

 

これら漆によって製品を作る基本的な技術は、縄文時代には既に確立されていました。これは、漆を塗るための土台である「下地」、貝殻を付けることで装飾を施す「螺鈿(らでん)」など、現在でも行われている技法による作品がこの時代から出土していることから分かります。

 

さらには朱色の作品も登場しており、漆を精製したり色を付けたりする技術も発達していました。

 

縄文時代から弥生時代(BC 300年頃~AD 250年頃)に移ると、日本では稲作が伝わって定住生活を始めるようになります。この時代では、黒色の漆が使われるようになります。

 

漆を精製したものは、半透明の褐色をしています。ここに顔料を加えることで、目的とする色にします。黒色であれば、主に「煤を入れることで黒色にする方法」と「鉄粉を混ぜて化学反応によって黒色にする方法」があります。弥生時代では、前者の方法で黒色の漆を作っていました。

 

 税として納められていた漆
現在はお金を税金として納めます。ただ、かつての日本は米などを税金として納めていました。これらの税金には、米以外にも漆が含まれています。

 

7~8世紀には、「漆を入れるために使っていたと思われる陶器」が多数発見されています。これらの陶器は周辺諸国から持ち込まれたと考えられていることから、漆を税として納めていたと予想できます。

 

8世紀では、当時の都があった奈良や富豪の住居跡などから漆器が多く出土しています。こうした状況から、税として集められた漆を使い、木などに塗り重ねることで高級品の漆器を生産していたことが分かります。

 

生活雑貨だけではなく、漆は建造物にも広く用いられます。寺の柱を漆で塗るなどして、より頑丈な建築にするのです。このような用途から、漆の需要は昔から高かったのです。

 

税に漆があることから、この時代から漆の木の植栽が推奨されるようになります。漆の木から樹液を取り出した後、今度は新たに育てることで再生を図る試みはこのときから行われていました。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME