日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

平文・平脱による漆器の装飾

 

金属の板を使うことによって、漆器に装飾を施すことがあります。この技法を用いれば、金粉や銀粉を使う「蒔絵(まきえ)」や虹色の貝を用いる「螺鈿(らでん)」に比べて、同じくらい美しい装飾になります。

 

蒔絵と同じように金や銀を活用しますが、こうした金属板を用いた漆器の装飾法を平文(ひょうもん)、または平脱(へいだつ)といいます。現在では、平文と平脱は同じ意味で使われています。

 

 平文(ひょうもん)・平脱(へいだつ)の技法
平文や平脱を行うとき、最初に金属板を、目的とする模様に切り出す作業を行います。切り取った金属板を漆器に張り付け、その後に漆を上から塗り重ねます。最後に、磨き上げる作業を行えば、そこから張り付けた金属板や漆の光沢が浮かび上がるようになります。

 

日本では、奈良時代(710~794年)に中国からこの技法が伝わったとされています。その後、技術が進化して盛んに行われるようになりました。

 

金属板を漆器に張り付けるため、付けた当初は金属の厚みの分だけ出っ張ることになります。ここに漆を何度も塗り重ねていくと、次第に出っ張りはなくなって平面になっていきます。最後は磨く作業をするため、金属板と漆は同一平面になります。

 

ただ、中には金属板の部分だけを出っ張らせた作品も存在します。作者の考えによって、作風に違いがあるのです。つまり、漆の塗り方によっては、平らな部分や出っ張った部分、または引っ込んだ部分などの変化を出すことができます。

 

平文と平脱については、一時はその意味の違いが議論されたことがあります。ただ、実際は両者に違いはないとされています。

 

なお、一つの作品に平文を使ったり、蒔絵を施したりとさまざまな手法を織り交ぜていることは多々あります。それぞれの作品について、どのような技法が行われているのか確認するのも楽しみの一つです。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME