日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

漆器の購入時に注意すべきポイント

 

漆器

実際に漆器を購入するときは、どのような点に注意すれば良いでしょうか。これは、人によって違うのでさまざまな要素が絡みます。

 

まずは、漆の性質を見極めながらあなたに合う製品を選ぶ必要があります。「本物志向」「値段」「扱いやすさ」など、どの点を重視するかによって選ぶべき商品は違ってきます。

 

 使われている素材から選ぶ
漆器では、天然の漆を何度も塗り重ねることで作品を仕上げていきます。このときは、素材に木を用いる場合が多いです。まず、漆による下地(漆を塗り重ねるための土台)を木に施します。その後、「漆を塗っては乾かし、磨いていく」という作業を繰り返します。

 

漆器作りにはこれらの細かい工程が必要なため、基本は手作業になります。また、日数もかかるため大量生産には向きません。

 

ただ、漆器の中には合成樹脂を用いることがありますし、漆をまったく使用しない製品も存在します。漆器に使われている素材は、「天然の木を利用したもの」「天然の木と合成樹脂を合わせたもの」「すべて合成樹脂」の3つに分かれるのです。

 

合成樹脂を利用すれば、安価な製品を作ることができます。木を削って目的とする形に仕上げる作業が必要なくなり、大量生産が可能になるからです。

 

また、これらの素材に塗る下地について、漆を用いたものがあれば、柿渋を使ったものもあります。柿渋の下地は安価になりますが、漆を使った下地に比べると頑丈さは劣ります。下地は見えない部分ですが、そこに使われる素材は製品によって違います。

 

さらに、合成塗料を用いた製品も多いです。漆と同じような光沢を出す塗料を塗っているのであって、漆器といっても必ずしも漆を塗り重ねているわけではないのです。

 

漆器にはこうした違いがあるため、使われている材料についても知っておく必要があります。どのような素材による作品であるかによって、人が求めることは違ってきます。

 

 使いやすさ、手入れのしやすさによって選ぶ
本物志向の人であれば、天然の木や漆を用いた製品を選べば良いです。ただ、中には合成樹脂などの素材を用いた製品の方が適している人もいます。そのため、「本物ではない」という意味で合成樹脂や合成塗料を使った製品が悪いわけではありません。

 

まず、天然の素材を使った漆器では、紫外線に弱いので直射日光を避ける必要があります。さらに、漆は有機物であるために、電子レンジにかけると熱を帯びるようになります。そのため、電子レンジには適していません。

 

それに加えて、漆は乾燥にも弱いです。そのため、冷蔵庫に何日も入れておくと、変形の原因になります。

 

ただ、合成樹脂を用いた製品では、冷蔵庫に入れても問題ありません。電子レンジにかけることも大丈夫です。日常生活の中での「使いやすさ・手入れのしやすさ」という点では、合成樹脂などを用いた製品の方が優れています。

 

 値段で選ぶ
どれだけの金額を出せるのかも重要です。本物志向にこだわるのも重要ですが、木や漆を用いて手作りで作られた作品はかなり高額になります。そこに装飾が施されると、その価値はさらに高まります。

 

ただ、同じようにきれいな装飾があったとしても、使われている素材が合成樹脂や合成塗料などであった場合は値段が大幅に安くなります。

 

また、すべてを日本で作るのではなく、ある程度まで海外で作成した後に日本へ輸入し、仕上げる方法も存在します。これであれば、天然の木や漆を使いながら価格を抑えることができます。

 

人によって、漆器に対する価値の基準は異なります。天然素材を用いた漆器でなければ本物ではないという人がいれば、日常生活での扱いやすさを考慮して合成樹脂製品を好む人もいます。これに関しては、個人の趣味や感性が大切になります。

 

注意点としては、「合成樹脂の製品では、破損時に修復できない場合がある」ことが挙げられます。漆器は修復可能ですが、これは天然素材の木や漆を用いた場合です。

 

そのため、修復まで視野に入れて何十年先も使い込みたい場合、長い目でみれば多少高くても天然素材を用いた漆器の方が安くなることもあります。


 スポンサードリンク

サイトマップ
HOME