日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

土ひねり体験により、自分が作成した備前焼を生み出す

 

備前焼は陶芸家だけが作るものではありません。あなた自身も陶芸家の気分を味わいながら備前焼を作ることができます。いわゆる、土ひねり体験です。

 

土ひねり体験では、粘土をこねるようにして思い描く作品に仕上げていきます。人によってビアマグを作ったり、皿を作成したりと出来上がる作品は異なります。そこに模様を描いたり自分のイニシャルを入れたりすれば、オリジナル作品が完成されます。

 

 土ひねり体験を行う
備前土をロクロの上にのせて自分だけの作品を作り、これを窯で焼いてもらって後で届けてもらうことができます。まさに、世界に一つだけの備前焼です。

 

通常、土ひねり体験では陶芸家が使うような電動ロクロは使用しません。電動ロクロでは微妙な力加減が必要であり、手動のロクロに比べて「作った感」がないからです。

 

また、手動ロクロの方が作品の修正を行いやすく、思い通りの形に仕上げることができます。

 

オリジナルの作品は乾燥させた後に、陶芸家の手によって窯で焼き締められます。「作品に緋襷(ひだすき)などの変化をつけたい」という要望も受け入れてくれるはずです。

 

こうして作ったオリジナル品は、ぜひとも実生活の中で使ってみてください。単なる旅の思い出の一部分として、棚の中にしまっておくだけでは土ひねりをした意味がありません。水を浄化し、酒類をおいしくさせ、料理の色合いを引き出す備前焼の魅力は、実生活で活用してようやく分かってくるものです。

 

焼きあがった後の自分の作品が手元に届いたときの感動をそのままに、普段の生活でも備前焼を使用したときの感動を味わってみてください。

 

 自分だけの備前焼を作る
土ひねりにかかる時間は約1時間です。土ひねりで狙い通りの大きさに仕上げても、実際に焼しめるとかなり小さくなります。そのため、少し大きめの作品に仕上げれば、思い通りの大きさの完成品になります。

 

このとき、コップを作るにしても「取っ手をつけるかどうか」「模様はどのようにすればいいか」などを迷います。皿作りであっても、「端を少し折り曲げてみよう」「牡丹餅の模様ができるように店の人に相談しよう」などを思い浮かべるはずです。

 

このように迷いながらオリジナル作品を作っていく過程に、土ひねりの最大の面白さがあります。実際に焼くまではどのような作品になっているか分からないことが、備前焼の魅力です。

 

以下に、土ひねり体験で作られた備前焼をのせています。

 

 土ひねり体験により、自分が作成した備前焼を生み出す  土ひねり体験により、自分が作成した備前焼を生み出す

 

備前焼作家が電動ロクロを用いて作った作品ではないため、でこぼこしています。それが独特の作品になり、陶芸家によるきれいな作品とは違った味になります。

 

なお、写真の備前焼をよく観察すると、コップの一部にヒビが入っています。ただ、これくらいのヒビであればまったく問題なく使用できます。備前焼は「投げても割れない」といわれるほど頑丈であり、多少の傷は気にしなくてよいです。

 

ただ、できるだけヒビは入れたくないものです。土ひねりを行うとき、中に空気が入ると割れやすくなります。そこで、空気を逃がしながら作品を仕上げてみてください。


 スポンサードリンク


ギャラリーしょうざん
備前焼の産地である岡山県伊部で、備前最大のギャラリー。また窯元としての誇りと伝統で、備前焼の展示・販売を行う。

備前焼:ギャラリーしょうざん


サイトマップ
HOME