日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

備前焼を焼いたときの種類・窯変

 

備前焼で窯焚きをすると、特有の土色が表れます。このとき、「窯のどの位置に置くのか」「焼くときの条件をどのようにするのか」によって焼き色や模様が変わります。

 

備前焼では、窯焚きによって色や模様に変化が起こることを窯変(かまへん)といいます。ここでは、備前焼を焼いたときに表れる窯変の種類について紹介します。

 

 胡麻(ごま)

 

 胡麻

 

その模様がごまを振りかけたように見えることから「胡麻」といわれます。焼却に使う松の割り木が灰になり、これが作品に付着することで模様が生まれます。

 

自然の胡麻を出すには、松割り木を入れる焼却炉の近くなど、灰がたくさんかかる場所に置きます。

 桟切(さんぎり)

 

 桟切

 

桟切の言葉の中に使われている「桟」とは、窯の壁のことを指します。壁には灰が溜まりやすいため、そこに作品を置くと灰に埋もれます。

 

すると、直接火が当たらないため、暗褐色に変化します。これを、桟切といいます。大きい作品の横に置くことでも、桟切を表現することができます。

 


 

 

 牡丹餅(ぼたもち)

 

 牡丹餅

 

皿や鉢などの上に他の作品を置いて焼くと、その部分だけ火があたらなくなります。その結果、牡丹餅を焼いたような赤い色を表現できます。

 

現在では、意図的に牡丹餅を作ったり、複数の形を組み合わせて円形以外の模様を付けたりしています。

 緋襷(ひだすき)

 

 緋襷

 

緋(鮮やかな赤色)の襷をかけたような色合いであることから、緋襷といわれています。これは、稲のわらを巻くことで表現します。

 

備前焼において、緋襷は最も人気のある窯変の1つです。白色に赤色がかかるという、美しい備前焼です。


 

 

 青備前(あおびぜん)

 

 青備前

 

作品が灰に覆われるなどして、火が直接当たらずに煙でいぶし焼きされると、青灰色になることがあります。これが、青備前です。

 

稀にしかできないため、自然の青備前は貴重です。ただ、現在では青灰色を人工的に作り出すことが可能です。人工的なものを「塩備前」といい、天然のものとは区別します。

 伏せ焼(ふせやき)

 

 伏せ焼

 

作品の上に他の作品を乗せて焼くと、特定の部分だけ火が当たらなくなります。こうして、上下で焼き色を変えた窯変を伏せ焼といいます。

 

炎が当たらない部分は紺色となり、炎が当たる部分は赤褐色になります。


 

 

1つの作品に対して、1つの窯変があるとは限りません。いくつかの窯変が起こるように工夫することがあります。例えば、作品にわらを巻いておき、その上に他の作品を乗せれば「緋襷 × 伏せ焼」の備前焼が完成されます。

 

いくつかの窯変を組み合わせることによって、より芸術性の高い備前焼を創出することができます。


 スポンサードリンク


ギャラリーしょうざん
備前焼の産地である岡山県伊部で、備前最大のギャラリー。また窯元としての誇りと伝統で、備前焼の展示・販売を行う。

備前焼:ギャラリーしょうざん


サイトマップ
HOME