日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

陶芸作家による、ロクロを用いた備前焼作りの実演

 

備前焼の多くは、ロクロを用いて作られます。コップや皿などであれば、ロクロを使った方が簡便で短い時間に、そして均一できれいな作品に仕上がります。

 

備前焼の陶芸作家がロクロを使っている姿というのは、それだけで見ごたえがあります。以下に、ロクロによって備前焼を作成しているときの動画を載せています。

 

 

 備前の土を使ったロクロ成形
備前焼など、ロクロを使った陶芸ではコップを作るのが最も簡単だといわれています。ただ、簡単とはいっても、良い作品を作れるようになるためには、毎日作業をして3年はかかるといわれています。それだけ、陶芸は奥が深いのです。

 

ロクロを用いると遠心力を利用して形を作ることができるため、あまり力は必要ありません。そのためか、一見すると簡単そうに見えます。しかし、わずかな力加減で形が大きく変化するため、実際はかなり難易度は高いです。

 

ロクロの中で土が生きているように動いているのは、その作家が長年の経験で培った勘によるものが大きいのです。

 

なお、コップを作れるようになれば、そこから皿など他の作品を制作できるように修行していきます。皿を作るときは、コップのような形をした土を均等に広げていく作業が必要になります。このときは厚さにも注意しなければならず、コップを作るときよりも難易度は高いです。

 

その後、すり鉢を作れるようになったり、徳利(とっくり)を制作したりと難しい作品に挑戦していきます。ある時は土を反してふちを強固にすることがあれば、またある時は土を狭めて独特の形を作っていくこともあります。こうした作品を制作していく中で、ロクロの技術を磨いていきます。

 

ロクロによって形を整えた後は、指で土を曲げたり道具で模様を付けたりして、目的とする形へと変化させることもあります。成形したばかりの土は柔らかいため、思い通りの形に仕上げることができます。

 

 

 

出来上がった作品は、2~3日そのまま置くことで水分を飛ばさなければいけません。その後は、作家ごとの印を入れたり、必要な部品を取り付けたりします。形を作って終わりなのではなく、その後も商品にするために多くの作業が必要になります。

 

こうした過程を経て、ようやく窯に入れて焼きあげます。このとき、窯のどの位置に作品を置くかによって、また作品にどのような仕掛けを施すかによって、仕上がりの色合いが違ってきます。


 スポンサードリンク


ギャラリーしょうざん
備前焼の産地である岡山県伊部で、備前最大のギャラリー。また窯元としての誇りと伝統で、備前焼の展示・販売を行う。

備前焼:ギャラリーしょうざん


サイトマップ
HOME