日本伝統文化スタイル - 伝統工芸品や日本文化のポータルサイト

藤原雄(ふじわらゆう):備前焼の人間国宝

 

藤原雄(1932~2001年)は岡山県備前市伊部(いんべ)出身の日本の陶芸家であり、人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定された人物です。

 

左目は失明してまったく見えず、右目も弱視(視力0.03)であるというハンディを負っていたものの、それがかえって特有の作風へと押し上げました。

 

 藤原雄という人物
父親は同じく人間国宝である藤原啓(ふじわらけい)です。二代続けての人間国宝ですが、藤原雄は最初から陶芸の道を志したわけではありませんでした。明治大学文学部を卒業した後は、父親と同じように出版社へ就職します。

 

ただ、同年に父の看病のために故郷へ帰ります。、岡山県へ帰郷したあとは、父に師事して備前焼の修業を始めます。父の影響を受けたのか、作風は父と似た力強くてどっしりとしたものです。まさに、「単純、明快、豪放」という言葉がピッタリの陶芸家でした。

 

目は見えないが、藤原雄は土から伝わる手の感覚によって制作を行いました。他の人よりも長く時間がかかるからこそ、一つの作品を作るときに土からの想いが伝わってきたといいます。

 

藤原雄といえば、壺が有名です。「壺の雄」と称されるほど、豪快な壺の制作を行いました。

 

また、備前焼を作る一方で、世界へ備前焼を認知させるための努力も率先して行いました。1964年にはアメリカ現代陶芸美術館やカナダで個展を開きます。さらには備前焼に関する講義を各国の大学で行い、1965年にはアメリカの客員教授を務めます。

 

こうして、無名だった備前焼は国外でもその評価が徐々に高まっていきました。備前焼の存在を世界に向けて発信してきたという意味で、藤原雄の功績は大きいです。

 

 藤原雄(ふじわらゆう):備前焼の人間国宝  藤原雄(ふじわらゆう):備前焼の人間国宝
 ※藤原雄の作品

 

そして1996年、藤原雄は人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されます。陶芸界では、初の親子二代にわたる人間国宝です。

 

ただ、その後も1997年に備前焼による本格的な海外展(備前焼パリ展 フランス国立陶磁器美術館)を開催するなど、備前焼発展のために取り組んでいきます。本人も、「備前焼を世界的に有名にすることが自分の使命」と語ったといいます。


 スポンサードリンク


ギャラリーしょうざん
備前焼の産地である岡山県伊部で、備前最大のギャラリー。また窯元としての誇りと伝統で、備前焼の展示・販売を行う。

備前焼:ギャラリーしょうざん


サイトマップ
HOME